>  > 高級デリヘルを運営する為の準備

高級デリヘルを運営する為の準備

高級デリヘルを運営するにあたっての準備をここで風俗業界未経験の素人が綴っていきます。高級デリヘル店を経営されている方の目線とは違ったと部分を話せるかと思い、ましてや自分で何かの店舗も運営した事がないので「全く何言ってんだ、こいつは」と思う部分も絶対あるかと思います。でも、素人目線だからこそ気づきそうでなかなか気づけなかった部分で「なるほどな」と思っていただけたら嬉しいです。そう思っていただけるように無い頭をフル回転させて論じていこうと思います。まずは初歩の初歩な話ですが、風営法のもと警察に届出書を必ず提出します。ここで提出しなければ犯罪に手を染めることになりますので必ず行うことです。地域によって方法や必要事項等が違うようなので一概には言えませんが特に難しいことではないので簡単に終わると思います。サイトでは特に長くても2ヶ月後には届出を受理してくれるそうなので、2ヶ月以内には終わると思っていれば良いと思います。この届出書は高級デリヘル店でも一般なデリヘル店でも同じ届出書になります。次に事務所となる店舗を探すことです。無店舗型とは言え風俗店ですので、なかなか許可を出してくれる所は少ないです。ましてや高級デリヘル店ですので陳腐なマンションやアパートで経営していると格好がつきません。これはあくまで個人的な意見ですが風俗求人サイトを見て応募してくれた女性がいざ働くとなって初めて事務所を見たときにおんボロのアパートだったらどう思いますかね?わたしでしたら少なからずがっかりします。「ここって高級デリヘル店だよね?」って思ってしまいます。働く人も気持ちを作っていかなくてはいけない人もいます。そのときに高級感がまるで感じられない所だった場合、やる気も何も湧かないですよね。私は基本的に何処でも気持ちは変わらないって方ももちろんいらっしゃいますが、少なくとも前者のように高級デリヘル店=事務所もイケてる、と思ってる方もいるかもしれません。仮に事務所が高級感あふれるマンションの一室だった場合、従業員のやる気は上がりますよね。すごい、と思う事で特別感を得られますし、こんなしっかりしたマンションを事務所に出来るデリヘル店で働けるのはすごいこと!って思う得るかもしれません。

[ 2015-11-14 ]

カテゴリ: デリヘル体験談5

東京の高級デリヘル【W STYLE】